LibreOffice活用講座
創造するコンテンツと技術習得を重視しよう


Google
このサイト内の検索ツールです。

広告は別画面で表示されます

Writerで何ができるか

LibreOffice Writerは、使いやすい文書作成(ワープロ)ソフトです。
ワープロソフトには、一太郎、Word Perfect, Lotus AmiPro, Microsoft Wordなどがありました。
しかし、この中にはすでに無くなってしまったものもあるし、現在主流なのは、Microsoft Wordでしょう。
Microsoft Wordも良いソフトではありますが、私には、妙な癖を感じて使いやすいとは思えないし、 Version4.x以降、自分が有効活用できる機能が追加されたとは思えません。
とくに、2007以降は、数式エディタが変わってしまったので、今では、MS Wordで文書を作成するのが苦痛です。

Libreoffice Writerは、無駄な機能は使わずに、文書をストレートに書いてゆくことができます。
脚注や目次の作成など、通常必要な機能は付属しているので、有償のワープロソフトを使う必要性は感じません。
実は、この記事を書いている時点では、MS Wordには、亡霊のようなバグがあることを確認しています。
MS Wordでは、多くの文字を扱うのが不得手で、画面に表示される内容が別のページのものだったりして 困った経験があります。
このため、どうしてもMS Wordを使用する必要が生じた場合(文書を共有する人がWriterを使えない場合) を除いては、Writeを使うことにしています。
これから紹介していく内容は、Writerの使い方だけではなく、MS Word等の市販ソフトを使用した場合でも 文書を受け取った人が問題なく開けるような、文書作りに重点を当てていきます。

Writerのようなフリーソフトだけでなく、Wordにような高額ソフトを使用した場合でも、 使い方が分からなければ都度調べる時代になっています。
ですから、チュートリアルのような内容ではなく、実践的で実用的な文書構成を紹介したいと思います。

少しずつ、更新しますので、読んでくださいね。
目次はこのページの左上にあります。

目次(インデックス)に戻る