LibreOffice活用講座
創造するコンテンツと技術習得を重視しよう


Google
このサイト内の検索ツールです。

広告は別画面で表示されます

元金均等返済

元金均等返済は、元利均等返済とは違い、元金の返済分を先に決め、 それに利息を加算する返済方法です。
この返済方法の場合は、残高が大きいと利息分が大きくなるため、 最初の頃は、返済額が大きくなります。
しかし、元金は、確実に減ってゆくという返済方法です。
利息が大きいと、最初のうちは、負担が大きいですが、利息が変わらなければ、 だんだん楽になる、もっともリスクの小さな返済方法と云えます。

月利をrmとし、借入金をDとします。
そして、返済期間をnヶ月後とします。

毎月の元金返済分を、bとすると、
b=D/nとなります。

そして、前月の残高に対する利息を、当月に加算して支払うので、 前月の残高をdj-1とすると、
当月の支払額pjは、
pj=b+rmdj-1
となります。

元金均等払いを利用する人は少いようですが、これが、デフォルトのリスクを回避するには、 ベストの方法と云えます。
収入が上がってゆく保証があれば良いですが、下がるリスクを考慮すれば、 元金均等返済か、元利均等の場合でも、繰り上げ返済を加算するのが、リスク回避の方法です。


<前のページに戻る次を読むインデックスに戻る>