LibreOffice活用講座
創造するコンテンツと技術習得を重視しよう


Google
このサイト内の検索ツールです。



広告は別画面で表示されます

レポートを書いてみる

Drawを使えば、簡単なレポートの作成が可能です。
図や写真や数式を自由なレイアウトで、という用途にはDrawが向いています。
文字が多い場合や、行間などの体裁を整えたい場合には、Writerのほうをお勧めしますが、 宿題レポートや、説明文をメールで送るような場合の文書には、Drawのほうが向いています。

実際に簡単なレポートを書いてみました。
内容はどうでも良いのですが、題材として、初歩の運動方程式を使ったレポートです。
内容は、文章部分、図、数式とに分かれます。
文章部分は、ブロックごとに独立しており、図と同じように、 好きな大きさで好きな場所に貼り付けます。
こうしてパーツをバラバラに作成し、貼り付けてゆけば、レポートが完成するので、 内容の推敲を別にすれば、作業はどんどん進みます。
レポートは、内容に時間を掛けるべきであって、体裁に時間をかけるべきではありません。
Drawの場合は、体裁よくすぐに書けてしまうので、これを使わない手はありません。

どのようなレポートが出来上がったのか、まずは、 PDF出力結果をご参照ください。

内容はともかくとして、宿題レポートには十分使用できる体裁になったと思います。
同様のものをPowerPointで書くこともできますが、Drawのほうが素早く書けると思います。

実際のファイルは、このファイルのとおりです。
ここで計算に使用したCalcファイルはこちらです。

記述詳細法は省略しますが、ファイルをみればおおよそご理解頂けると思います。


ひとつ前に戻る次に進むDrawのインデックスに戻る