LibreOffice活用講座
創造するコンテンツと技術習得を重視しよう


Google
このサイト内の検索ツールです。

広告は別画面で表示されます

PID制御のシミュレーション その2-無次元化とプロセスの伝達関数表現

ここでは、TIとTDを下記のように無次元化します。
無次元化積分時間および 無次元化微分時間
(5)式は、下記(6)式のようになります。
PID操作量変化2 (6)
さて、PID制御の出力計算方法はわかりましたが、これだけでは、制御シミュレーションはできません。
制御をシミュレーションするには、プロセスのモデルが必要です。
どのようなプロセスでも過渡応答特性があるので、過渡応答特性を想定しなければ、シミュレーションができません。
プロセスの過渡応答特性は、ステップ応答で表現するのが簡単です。


<前のページに戻る次を読むインデックスに戻る>